English

退所後の子どもたちの不安と悩みについて

2018年04月25日
活動報告

退所後の子どもたちの不安と悩みについて

退所後の子どもたちの実際の声がありましたので
少しご紹介いたします。

 

児童養護施設を退所した人の実際の声

※退所した人へのインタビュー調査(全国社会福祉協議会)報告書をご参照

A君(男性)

働くことは、最初はしんどかった。働いて家賃を払ったりするのはしんどい。

Aちゃん(女性)

もともとの性質もあるが、人が苦手で、人のことをよく思えない。感じよく対応することができない。仲よくしようとしてもできない。お昼を一緒 に食べる人はいるが、すさんでいるような状態がずっと続いている。「自分自身が変わらないと、この先めんどうくさい」と思うが、方法がわからないからそのままになっている。

A君(男性)

仕事中にいらいらしたときに、どこかにあたる。たとえば、仕事の作業で 大きい音をだすこともある。相手に向かっていくのは苦手で、すぐ涙がで てしまう。弱い。けんかになりそうになると、自分が弱いとわかってしまう。でも、どこかで強くなりたいと思っている。誰かにあたってしまう。

A君(男性)

奨学金をもらいながら大学に通い、朝2時に起きて仕事をして、6時ごろ 終わって朝ごはんを食べて、1限がないときは寝て、あるときは9時から 授業だった。ハードだったが、やらないと生活できないから続いた。「やめたら自分は生活できなくなる、住むところも食べ物もなくなる。やめることはできない。仕事はつらいけれど、やめたらもっときつい。自分でやるしかない」と思った。

A君(男性)

大学時代からデパス(注:おだやかな鎮静剤)を飲んで、社会適応に苦しんできた。職場にはこのことについて知っている人と知らない人とがいる。2 週間に1度病院に行くために、月曜から金曜まで定時の仕事というのができないことも悩みである。主な相談相手はカウンセリングの先生。

Aちゃん(女性)

基本的に「誰かに相談する」という考えがないため、全部自分で解決しようとしてしんどいときもあった。相談の仕方がわからないので相談しないのだが、相手からみると「相談してくれない」「いってくれればよかった のに」ととられてしまい、相手が傷つくケースもある。そのことでまわり が傷ついているようすをみると、自分に欠点があるように思う。

A君(男性)

お世話になっている人からも、「人になつきにくい奴だ」といわれたことが ある。信頼しているし大好きな先輩であっても、どのように甘えればよいかわからない。相手からも、自分はそのようにみえるのだろうか。

A君(男性)

拒絶されるのが怖いから頼めず、相談せず自分でやろうとし、失敗する。 まわりの人は「相談してくれれば失敗しなくてすんだのに」というが、次もやはり自分でやろうとする。悪いときはこのサイクルにはまってしまうこともある。

施設を退所した子ども達にとっての社会とはどんなものなのか。
個人的な見解ですが、苦痛を頑張って耐えているように感じられます。

少しでもこのような状況を変えていけるような
支援が子どもたちには必要だと感じております。
ぜひ皆様、ご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP