SCROLL

活動報告

私たちの活動のご紹介

2019年09月11日
新着ニュース

声優の専門学校に通いプロの声優になりたい 第2話

大人の事情で4度も児童養護施設を転々とした私
辛くても 悲しくても 裏切られても
私は負けない 
だってこれが私だから This is me

【声優の専門学校に通いプロの声優になりたいプロジェクト】

目標金額: 732,000 (スクール費用、家賃1年間分が含まれます)
詳細につきましてはクラウドファンディングページに載せる予定です。本人と設定した金額となります。

神庭ひろみの本気の挑戦が始まります。(クラウドファンディングページはこちら
※こちらの投稿につきまして、本人の了承を得て投稿をさせていただいております。

〈私の生い立ち〉
託児所

一時保護所

児童養護施設

児童養護施設



一時保護所

児童養護施設



一時保護所

児童養護施設

アメリカ

現在

大人によって人生を狂わされた私

だからこそ心の中にどんなことも跳ね返す強いバネが備わった

夢を叶え同じ環境下の子供たちに希望の光を見せてあげる

 

彼女の生い立ちを一部ご紹介致します。

前回のつづきからとなります。
前回の記事はこちら

【保護された私たち】
一時保護所で弟に再開することができました。
1週間ぶりの弟は笑っていて思わず抱きしめてしまいました。
照れくさかったし、恥ずかしかったけどそれ以上にまた一緒に居れることが嬉しかったのです。
弟はまだ幼かったので日々の生活は別々でした。
それでもご飯を食べる時やお風呂の時間には顔を合わせることができました。
あの劣悪な環境下の生活の後の一時保護所はなんだか楽しかったです。
自由がない閉鎖的な場所だけど、職員の人たちは面白かったし、安心できると思える場所だったなと感じました。

2回目の児童養護施設】
それから私と弟は児童養護施設に措置変更しました。
以前の施設とは違い、弟は順調に周りの子と仲良くなりました。
私も年の近い子達と生活していくにつれて、家での辛い記憶は次第に薄れていきました。

弟が小学生に上がり、私が小学4年生になったその年のクリスマスのことでした。
あの男と消えた女が私達の施設にやって来たのです。
とても怖かったので、担当の施設職員に会いたくないと伝えて帰ってもらいました。
これを機に頻繁に手紙や買ったものを送りつけてくるようになりました。
それ以来、施設には来ないで欲しいと児童相談所の職員に伝えました。
ですが、不思議なことに1度会ってみてもよいかなという気持ちになり思い切って面会をしました。
面会をした時は「心配していたよ」、「いつでも頼ってね」、「愛してる」と言われ驚きました。
何度か面会するうちに次第に警戒が溶けていき外食をするようになりました。
外食の時も常に優しい言葉を私と弟にかけてくれ、欲しいものをたくさん買ってくれました。
まるで別人みたいに、男と消えた女は、「かわいそう かわいそう」と私達の頭を撫でました。

それから数年が立ち、私が6年生になり、弟が3年生になった時のことでした。
男が施設に面会に来て、私と弟を外食に連れ出しました。
車の後部座席に座っている私達に不意に男は言葉を発したのです。
「今後、お前たちは離ればなれになるんだよ」
家族じゃなくなるとか、一緒に暮らせないとか言っていたが頭が真っ白になって私と弟は一言も言葉を発することができませんでした。
またここで嫌だと言ったらまた殴られるかもしれないと思ったからです。
でも児童相談所の担当職員に思いを伝えればきっと何とかしてくれると思いました。
そう思って私は隣に座っている弟の手を強く握りしめました。

【離れたくない】
当時、弟と私は別のユニット(部屋)で過ごしていたので弟がいつ誰と何をしているのか把握することができませんでした。

数ヶ月後、同じ施設の子から弟が里親っぽい人と頻繁に会っている事を耳にしました。
内心信じられない気持ちでいっぱいでした。
私は怒りに任せて施設職員に弟に会いに来ている人が誰なのか聞きました。
ですが答えられないの一点張りでした。
仮に里親なら私も弟と一緒に里親になると、何度も伝えました。
そんな事が続くうちにどんどん私と弟の距離が離れていき、私は焦りを覚えました。
家に帰ったら弟が居なかったあの時の心情が蘇ってきました。
本当は、弟に頻繁に会っている人が誰なのか、どう考えているのか、私のことを家族だと思っているのかを聞けばよかったのですが、なぜか怖くて聞けませんでした。

中学に上がり、私は軽いいじめに合うことになりました。
心身ともに疲れ、学校を休み部屋に引きこもるようになりました。
施設職員にも不満を抱くようになり喧嘩をすることが多くなりました。
何だか全てがうまくいかなかったのです。

そして、恐れていたことがやってきました。
弟が施設を退所することになったのです。
ドアをノックする音が聞こえ、職員が部屋に入ってきました。
弟が退所するから見送りにおいでと私に言ってきました。
「見送れるわけないじゃない。ふざけないでよ」 この言葉さえ、口に出すことができませんでした。
部屋の窓から外を見ると、弟が車に乗り施設を去るのが見えました。
私は項垂れ、目の前が歪み、大粒の涙が床に落ち小さい水溜りができました。
大人の勝手な都合で、私の大切な弟を失ってしまったのです。

【誰も教えてくれない】
何で離ればなれにならなくてはならなかったのかを誰も教えてくれませんでした。
ここにいる意味も、生きてる意味も、一瞬にして消えました。
それからまた心が凍り始めました。
施設でよく笑ってよく喧嘩してごく普通の毎日を送れてこれたのは弟がいたからでした。

この機会を狙ったかのように、あの消えた女は私をよく外食に誘ってくれました。
女は外食中に何度も、「家に戻っておいでよ」と言いました。
それまでは断ってやり過ごしていたのだが、ある日、私は施設の職員に無断で女に電話をかけ家に行く事を決めました。
学校を休み、鞄1つ持って外に出ようとした時、担当の施設職員が私に声をかけました。
「帰ってくるんだよね」私は返事をせず施設を後にしました。

つづく

次回のブログにて【彼らの家】をお伝えします。

このプロジェクトに関してのご寄付はこちらから




オレンジの羽根募金

児童養護施設の子どもが安心できる社会づくり
「オレンジの羽根運動」は、児童養護施設の現場職員が発足した社会活動です。
入所中の子どもたち、卒園する子どもたちにとってより良い社会で生活するために児童養護施設を正しく知っていただき、
共に支える大人の輪をつくることが目的です。
そんな想いで、私たちはこの活動を行なっています。
多くのみなさまへ活動を周知されるご協力をよろしくおねがいします。
▶︎WEBページはこちら

【FM世田谷/放送中】はなわと岩崎ひろみの ON AIR もっち〜ラジオ


お笑いタレント“はなわ”と女優の“岩崎ひろみ” がお届けする『ON AIR もっち~ラジオ』♪” 子どもたちの“ワクワク♪”を、もっと大きく膨らまそう ”をテーマに、“はなわ”“岩崎ひろみ”が、子育て経験も交えて面白おかしく元気にお届けします!

〈放送日時)毎週日曜日/11:00~11:15
〈パーソナリティ〉はなわ 岩崎ひろみ
▶︎WEBページはこちら


<過去の放送を聴いてみる>

【公開中】Youtubeチャンネル


日本児童養護施設財団のYoutubeチャンネルにて、『もっち〜とあっき〜が行く施設長インタビュー』『応援メッセージ』『ON AIR もっち〜ラジオのアーカイブ』『寄付サイト』のPVが公開中です。チャンネル登録して頂けますと幸いです。
▶︎チャンネルはこちら

【無料掲載】卒園生対象 企業求人サイト

もっち〜ナビは就職を希望する子どもたちの選択肢が広がるように願いを込めて運営している児童養護施設専門の求人サイトです。施設で暮らす若さ溢れる子どもたちを積極的に採用したい企業のみが求人掲載をしているので、これから施設を退所する高校生や一度施設を退所した卒園児が再就職を目指す場合に活用してください。求人情報にある企業の窓口にご連絡をしていただけますと、求人担当から案内を受けることができます。この事業は営利活動ではないため、掲載課金、採用課金、応募課金、オプション課金は一切しておりません。掲載したい企業も随時募集しております。
▶︎WEBページはこちら

【開館中】日本子ども未来展 オンライン美術館

日本子ども未来展は、児童養護施設の子どもたちの豊かな成長を願うと共に、子どもたちが描く絵画を通して日々の生活だけでなく、子どもたちがそれぞれ持つ「夢」や「希望」を自由に表現する事で自分たちの将来について考える「きっかけ」を持ってもらうことを目的に実施しております。是非ご入館してみてください。子どもたちの素敵な感性や表現力の高さを垣間見れるので手を差し伸べたくなると思います。
▶︎WEBページはこちら

【寄付】あしながサンタ

2019年8月に全国の児童養護施設(607施設)へ、クリスマスに関してのアンケート調査を実施しました。アンケート調査により、1施設あたりの子ども1人に対してのクリスマスプレゼント代の平均予算(約3000円)がわかりました。そこで分かったのが、どの施設も子どもたちが施設生活を送る上で、不自由がない生活を送らせるために、クリスマスの予算を、習い事、衣服費、小遣い、ユニット旅費などに、適切に振り分けられていることがわかりました。ここに私たちがサポートできることがあると考えました。
▶︎WEBページはこちら

児童養護施設が求めている支援について
児童養護施設が抱える卒園者への支援の問題
児童養護施設が抱える卒園者への支援の問題
児童養護施設 二葉学園 統括施設長
武藤 素明(むとう そめい)さん
卒園後に当事者が抱える支援の問題
卒園後に当事者が抱える支援の問題
特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ理事長
渡井 隆行(わたい たかゆき)さん
日本児童養護施設財団事業紹介
あしながサンタ ON AIR もっち〜ラジオ もっち〜ナビ 日本子ども未来展 オレンジの羽根共同募金 全国児童養護施設総合遺贈受付サポートセンター
2024年度企業スポンサー紹介
日本女子プロ野球リーグ Japan | UL 株式会社アクセスライン 株式会社クラフティ 株式会社Intermezzo auフィナンシャルサービス株式会社 (株)豊田自動織機 株式会社 関東共同土建 株式会社パートナーエージェント 一般社団法人 日本青少年育成協会
株式会社ウチコミ 医療法人社団 崇桜会 若林歯科 株式会社プラスPM
鵜山リゾート株式会社 株式会社GEAR 株式会社LYFTOFF Smenu 絵巻本舗 株式会社わんわんわん 株式会社セブンアーチザン 新幹線格安ガイド(株式会社江陽舎) 旅安Labo(株式会社江陽舎) ワードメーカー株式会社 Face 3 Face 趣味コレクション買取店 三日月堂 共生グループホールディングス 株式会社ユピテル おうちカンパニー株式会社 ココミュ株式会社 株式会社 秀栄工業
地域のスポンサーを必要としております
地域の児童養護施設が
地域のスポンサーを必要としております。
全国児童養護施設 総合寄付サイト
一般財団法人 日本児童養護施設財団
Japan Children’s Home Foundation(通称:JCF)
本部:〒107-0062
東京都港区南青山3-4-6 2F
Copyright©2013–2024全国児童養護施設総合寄付サイト All rights reserved.