施設に求められているもの

2018年10月08日
児童養護施設

施設に求められているもの

現代社会では私たち大人を含めて、その子どもたちを取り巻く環境も変化しています。

それに伴い、児童養護施設に施設に入所してくる子どもたちの抱えている問題や

入所理由も以前以上に一様に言えず絶えず複雑化しています。

また、育児困難以外にも虐待を理由とした入所の増加により、児童養護施設は生活だけでなく

子ども達の自立をサポートしていくだけでなく心のケアなどの治療的役割を必要とする場へと

変わってきており、その専門性も求められてきています。

施設では愛着関係で課題を持ち職員を初めてして様々な人たちの関係の再形成と

その信頼関係を築いていく必要のある子どもたちや発達障害などを抱える子ども達が年々増えています。

だからこそ今、児童養護施設にも多様化した機能と専門的機能も求められているだけでなく

その先の施設から自立した後のケアも必要とされているのです。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP