子どもとの接し方

2018年10月22日
児童養護施設

子どもとの接し方

虐待の世代間連鎖

「子どもを虐待してしまう親自身、かつて自分も親から虐待を受けていた」と

いうことはみなさんよく耳にすると思います。勿論、被虐待児の全員が

そうなるわけではありません。しかしその傾向が多いのは指摘されており

また、大きな問題にもなっていると思います。

子どもとの接し方が分からない

私は子育ては一筋縄でない分、その育て方に正解はないと思います。

だからこそまず自分が始めに何を手本に子育てをするのか

それも人それぞれだと思います。だからこそ自分が子どもの頃に親に

どのように育てられ、その経験をしてきたかは自分自身が子育てする上で

大きな指標になると思います。では、なぜ自分が受け辛い思いをしてきたことを

自分の子どもに同じようにしてしまうのか、、、

それは虐待を受けて育ってきた子はそれが自分にとって当たり前の体験に

なってしまうからです。極端に言えばそれが自分が受けてきた子育てで

何が正しくて間違っているのか自分も知らないのです。

始めに言いましたが被虐待児の全員がそうなるわけではありません。

しかしこのような事実も実際にあることも知っていただければと思います。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクト計画
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP