子ども達が施設にくるまで

2018年10月01日
児童養護施設

子ども達が施設にくるまで

みなさんは、子ども達がどのようにして

児童養護施設に入所してくるのかご存じだろうか。

基本的には家庭から、そのまま児童養護施設に入所する前にまず

虐待の疑いや事実があると学校や病院・189などを通して各機関に通報などがあり

特に緊急を要するケースだと判断された場合、その子どもは一時保護所という場所に預けられる。

そのうち、家庭に戻ったり、裁判になったり、入所したりする子どもは約6割程度とも言われている。

しかし、そこで家庭復帰が難しいと判断された子どもたちは、親と離れて暮らすことになる。

そのうち、現在8割くらいの子どもは児童養護施設などで暮らすことになり、2割が里親家庭で暮らす。

児童福祉施設にも様々な形があるが、この中でもっとも多くの子どもがいるのが児童養護施設である。

日本では諸外国と比べると、里親の比率が低い。その理由としては、そもそも里親に関して社会の認知が低い事や里親に預けられるのを実親が拒否するケース。など様々な理由がある。

本来であれば子どもにとってベストな選択肢が常に提供されている状態が理想だが

必ずしもそうなりえない現状も現在の日本の児童福祉業界の1つの問題なのです。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP