退所後の問題

2019年01月28日
児童養護施設

退所後の問題

退所後の支援の手薄さ

児童養護施設を退所者の状況把握や、その後の主なサポートは各施設の

アフターケアとして各児童養護施設に任されており、毎年、施設を卒園する子達に対して

施設内状況によっては退所後わずか1年で子どもと連絡がつかなくなる施設も少なくありません。

また、そうして卒園した子どもたちが社会に出て直面している数多くの悩みや問題

あるいは最も必要としている支援内容がほとんど把握されていないのが現状です。

もうすぐ4月を迎え今年で18歳になる子どもたちは施設を退所し社会に1人巣立っていきます。

だからこそ、私はこの活動を通して単に子どもたちに支援をするだけでなく、社会全体にも

一現場職員として施設を卒園した後の問題も知っておいてほしいと思います。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP