English

今年のチャレンジキャンプは8月20日(火)~23(金)に開催

2019年05月08日
新着ニュース

今年のチャレンジキャンプは8月20日(火)~23(金)に開催

児童養護施設の子ども達が行うキャンプ体験

自己の力を感じることを目標としています!

 

今年は8月20日(火)~23(金)に開催致します!!

 

キャンプのコンセプト

今回のキャンプでは、現代社会で保護の対象として見られがちな児童養護施設の子ども達の、自分で生きて行く力をキャンプでの体験を通して育むことをコンセプトにしています。

また単に子ども達に自然体験をさせるだけでなく、キャンプを通し自分の力を発揮し、日頃は隠れている自己の力を感じることを大切にしております。

仲間たちと信頼を築いていくこと、また大人と信頼を築いていくことその中で様々なことに挑戦することで自己や他者、将来や社会に対する肯定的な眼差しを育んでいくことを目標としています。

 

なぜこのキャンプなのか

児童養護施設に入所してくる子ども達は、施設に来るまでに親からの虐待や経済困難など境遇的にハンディキャップを背負って入所してきます。

子どもたちは、その経験から「こんな境遇の自分にできるはずがない」「どうせ、やったって失敗する」と、その時だけでなく自分の人生自体を前向きに捉えることや将来の夢を持つことが困難になってしまっています。

しかし、それにもかかわらず、施設の子ども達は卒園すれば何の後ろ盾もなく社会に放り出され経済的に自立し1人でいきていかなければならないという現状に置かれています。

だからこそ、キャンプを通じて様々なことに挑戦し彼らの自己肯定感を育み自己に対して、将来に対して、他者に対して、社会に対して、肯定的で自立的な気 持ちを育てたいと考えています。

また、ある研究結果によると「自然体験の多い者ほど自己肯定感かが高まっている。」との一節もある通り、施設入所児の大きな問題である子どもの自己肯定感の低さに直接訴えかけることができるプロジェクトとなると信じています。

 

目指すもの

現在の児童養護施設の子どもたちは「自立」を求められるような状況に置かれています。
しかし現代の日常生活では、それらを育みきれない現状もあります。
だからこそ私たちはいつか卒園し社会的に自立していかなければならない子どもたちに対して日常では得られない大人や社会との関係や経験の中で「冒険教育によって子どもの自立と成長を促す」キャンプのモデルケースを目指します。

このキャンプを継続していくには、まだまだご寄付が足りていないのが現状です。

どうか支えてください。

 

参加施設:児童養護施設カルテット(1年生から6年生まで参加予定)、他3施設ほど参加予定

ご支援はこちらから

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP