巣立ち基金のシンボルマーク

2018年01月24日
児童養護施設

巣立ち基金のシンボルマーク

巣立ち基金のシンボルマーク

このシンボルマークはどのような意味が込められているのですか?

よく聞かれるご質問です。

こちらのシンボルマークは「わたしたちは児童養護施設の子ども達の夢を叶えるサポーターです」という意味なのです。

 

開発から制作まで、とても長い道のりでした。

まずはデザイナーである斎藤さんに、私たちの想いを伝えることから始まりました。

 

 

幾度となくデザインを構成しながらやっとの思いで完成したのです。

だからこそ沢山の想いが込められいます。

このシンボルマークが普及することにより、子ども達の笑顔も増えるのです。

 

 

巣立ち基金とは

Leaving-the-nest support fund

 

地域の住民・企業が、

地域の児童養護施設の子供たちの巣立ちを支援する、

という活動です。

 

子どもたちは、身近な大人たちと繋がることで、「職業感」を持ち

職業感」を持つことが、社会の中で自立し、生きる力を身に着けることに繋がると考えています。

 

子どもたちが生活する地域の企業が、地域の子どもを見守り、育む。

 

地域で「生きる力」を育まれた子どもたちが、地域を支える大人になる。

 

そして地域が元気になる。子どもを育むことが、元気な街づくりに繋がると考えています。

 

このプロジェクトは、地域の子どもの巣立ちを、地域の住民、企業が支援する活動です。

 

シンボルマークコンセプト

夢(虹)を達成し、堂々と生きている姿を表現。

子どもたちの夢が叶うことが、プロジェクトの夢(目標)が叶うこと。

 

シンボルマークの用途

企業のCSRとしてパンフレット、名詞、広報誌、ホームページ、チラシ、商品などにご使用できます。

【最新プロジェクト情報】
皆様の支えが子ども達の明日へとつながります。ご支援お願いします。
児童養護施設の自立支援を楽しく学べるトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
全国の児童養護施設を訪問して、子ども達に夢の見つけ方のヒントが学べる Where’s your “dreams”
埼玉県の児童養護施設の小学生を対象とした自己肯定感を高める3泊4日のチャレンジキャンプ
複合施設の機能を取り入れた、児童養護施設設立プロジェクトトレーラーハウスプロジェクト 学ばなきゃンプ
寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP