SCROLL

活動報告

私たちの活動のご紹介

  • ホーム
  • 活動報告
  • 児童養護施設の子どもたちにトランポリンで笑顔と楽しさを届けたい。
2023年06月07日
ボランティアサポート

児童養護施設の子どもたちにトランポリンで笑顔と楽しさを届けたい。

「トランポリンで笑顔と楽しさを届けたい!全国の児童養護施設 訪問の旅」

児童養護施設の子どもたちにトランポリンの楽しさを伝え、思いきり身体を動かして、心から笑顔になってほしい!そんな想いでスタートした今回のプロジェクト。
47都道府県にある児童養護施設を巡る事を1つのゴールにしております。日本児童養護施設財団も協賛としてこの活動を支援しております。

今回は5施設目の報告になります!

 

① 訪問施設・訪問日

2023年4月9日
静岡県 岩倉学園

 

② 子どもたちと職員さんの参加数

20名

③ 印象的だった子どもたちの様子

設置から手伝ってくれた、中学生の女の子が始めから終わりまで、ずっと飛んでくれました。色紙にもメッセージだけでなく、絵も描いてくれて、 幼児さんとも一緒に飛んでくれたり、みんなを楽しませてあげる様に 気を使ってくれて、助かりました。他にも帰る時に待っていてくれた 女の子が、そっと手紙をくれました。 今回、トランポリンとジターリングを持って来てくれて、いろいろ出来る 事が出来たのは、あなたのお陰だと書いてありました。そして最後に 大きな字で「ありがとう!」と…

 

④ トランポリンを行う前と後

初めてだったので、トランポリンを見て驚く前に楽しそうに飛んでる子を見て、 自分も飛びたいと思う様になったみたいです。でも1度飛ぶとヤバイよ、楽しいよ! と言葉にしなくともみんなに伝わり、何度も何度も飛ぶ様になりました。

 

⑤ 活動を通しての感想

今回の企画で1番遠い静岡県の富士山のふもとにある 施設に初めて訪問しました。インターから山を登り、遂に施設に到着しました。職員さんに 挨拶すると、職員さんみんなで設置を手伝ってくれました。そしてトランポリンが完成し、子どもたちが飛び始めました。次々と子どもたちが集まり、叫び声や笑い声が響き渡りました。タイマーを廻し、3分が待ちきれない子どもたち。広大な敷地で子どもたちがどんなに騒いでも誰に気兼ねする事なく、 青い空と緑の木々の中、なんて素晴らしい環境なんだろうと、都会でやるのとはまるで違い環境に学ぶ事が沢山ありました。 今回、この企画を決めて呼んでくれた職員さんが、子どもたちと一緒に飛んでくれました。しかも凄く高く飛んでて、子どもたちと何度も飛んでました。 他にもジターリングをみんなの前で実演すると、次々に子どもたちが挑戦してたら、だんだん出来る子が出て来て、みんな大喜びしてくれました。 午前中が終わり、お昼を頂く事に。ここでは子ども達と一緒に 食べる事は出来ませんでしたが、とても美味しい料理を運んで くれました。 ここで意外な事が分かったのですが、携帯の電波が入らなくなって いました…職員さんから駐車場で少し下がると入るらしい。そして駐車場で少し休ませてもらっていたら、時間になり、また子どもたちが集まって来ました。高校生とか大きい子も参加 して、トランポリンでの浮遊感覚に喜んでくれました。 それから終わりまで、子どもたちがワーワー、キャーキャー叫びながら、ギリギリまで飛んでくれて、撤収もみんなが手伝ってくれて、色紙にメッセージを書いてと言うと、絵も描いてくれたり、今までの中で1番華やかな色紙になりました。みんなから、また来て欲しい、次はいつ来てくれるの? と沢山のラブコールを頂きました。 行きに2時間半、帰りは事故渋滞で4時間掛かりました… でも、それだけの価値はありました…行って良かった~。

※写真の掲載は施設から許可を得て掲載しております。

 

 

日本児童養護施設財団は全国にある児童養護施設(約600ヶ所)で暮らす子どもたちの支援活動を行っています。児童養護施設をご存知ない方もいらっしゃると思いますが、子どもたちに問題があって施設で暮らしている訳では全くありません。素敵な子どもたちです。
でも、虐待や貧困など様々な家庭の事情が理由で、自宅で生活する事ができません。また施設を出た後も親を頼る事ができなかったり、場合によっては進学や就職など希望する進路を選択できないこともあります。

子どもたちが自分らしく未来に羽ばたいていく支えになるよう、多くの方のご理解とご支援をお願いしております。

個人の方のご寄付はこちらから

企業スポンサーとしてのご寄付はこちらから

 




オレンジの羽根募金

児童養護施設の子どもが安心できる社会づくり
「オレンジの羽根運動」は、児童養護施設の現場職員が発足した社会活動です。
入所中の子どもたち、卒園する子どもたちにとってより良い社会で生活するために児童養護施設を正しく知っていただき、
共に支える大人の輪をつくることが目的です。
そんな想いで、私たちはこの活動を行なっています。
多くのみなさまへ活動を周知されるご協力をよろしくおねがいします。
▶︎WEBページはこちら

【FM世田谷/放送中】はなわと岩崎ひろみの ON AIR もっち〜ラジオ


お笑いタレント“はなわ”と女優の“岩崎ひろみ” がお届けする『ON AIR もっち~ラジオ』♪” 子どもたちの“ワクワク♪”を、もっと大きく膨らまそう ”をテーマに、“はなわ”“岩崎ひろみ”が、子育て経験も交えて面白おかしく元気にお届けします!

〈放送日時)毎週日曜日/11:00~11:15
〈パーソナリティ〉はなわ 岩崎ひろみ
▶︎WEBページはこちら


<過去の放送を聴いてみる>

【公開中】Youtubeチャンネル


日本児童養護施設財団のYoutubeチャンネルにて、『もっち〜とあっき〜が行く施設長インタビュー』『応援メッセージ』『ON AIR もっち〜ラジオのアーカイブ』『寄付サイト』のPVが公開中です。チャンネル登録して頂けますと幸いです。
▶︎チャンネルはこちら

【無料掲載】卒園生対象 企業求人サイト

もっち〜ナビは就職を希望する子どもたちの選択肢が広がるように願いを込めて運営している児童養護施設専門の求人サイトです。施設で暮らす若さ溢れる子どもたちを積極的に採用したい企業のみが求人掲載をしているので、これから施設を退所する高校生や一度施設を退所した卒園児が再就職を目指す場合に活用してください。求人情報にある企業の窓口にご連絡をしていただけますと、求人担当から案内を受けることができます。この事業は営利活動ではないため、掲載課金、採用課金、応募課金、オプション課金は一切しておりません。掲載したい企業も随時募集しております。
▶︎WEBページはこちら

【開館中】日本子ども未来展 オンライン美術館

日本子ども未来展は、児童養護施設の子どもたちの豊かな成長を願うと共に、子どもたちが描く絵画を通して日々の生活だけでなく、子どもたちがそれぞれ持つ「夢」や「希望」を自由に表現する事で自分たちの将来について考える「きっかけ」を持ってもらうことを目的に実施しております。是非ご入館してみてください。子どもたちの素敵な感性や表現力の高さを垣間見れるので手を差し伸べたくなると思います。
▶︎WEBページはこちら

【寄付】あしながサンタ

2019年8月に全国の児童養護施設(607施設)へ、クリスマスに関してのアンケート調査を実施しました。アンケート調査により、1施設あたりの子ども1人に対してのクリスマスプレゼント代の平均予算(約3000円)がわかりました。そこで分かったのが、どの施設も子どもたちが施設生活を送る上で、不自由がない生活を送らせるために、クリスマスの予算を、習い事、衣服費、小遣い、ユニット旅費などに、適切に振り分けられていることがわかりました。ここに私たちがサポートできることがあると考えました。
▶︎WEBページはこちら

児童養護施設が求めている支援について
児童養護施設が抱える卒園者への支援の問題
児童養護施設が抱える卒園者への支援の問題
児童養護施設 二葉学園 統括施設長
武藤 素明(むとう そめい)さん
卒園後に当事者が抱える支援の問題
卒園後に当事者が抱える支援の問題
特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ理事長
渡井 隆行(わたい たかゆき)さん
日本児童養護施設財団事業紹介
あしながサンタ ON AIR もっち〜ラジオ もっち〜ナビ 日本子ども未来展 オレンジの羽根共同募金 全国児童養護施設総合遺贈受付サポートセンター
2024年度企業スポンサー紹介
日本女子プロ野球リーグ Japan | UL 株式会社アクセスライン 株式会社クラフティ 株式会社Intermezzo auフィナンシャルサービス株式会社 (株)豊田自動織機 株式会社 関東共同土建 株式会社パートナーエージェント 一般社団法人 日本青少年育成協会
株式会社ウチコミ 医療法人社団 崇桜会 若林歯科 株式会社プラスPM
鵜山リゾート株式会社 株式会社GEAR 株式会社LYFTOFF Smenu 絵巻本舗 株式会社わんわんわん 株式会社セブンアーチザン 新幹線格安ガイド(株式会社江陽舎) 旅安Labo(株式会社江陽舎) ワードメーカー株式会社 Face 3 Face 趣味コレクション買取店 三日月堂 共生グループホールディングス 株式会社ユピテル おうちカンパニー株式会社 ココミュ株式会社 株式会社 秀栄工業
地域のスポンサーを必要としております
地域の児童養護施設が
地域のスポンサーを必要としております。
全国児童養護施設 総合寄付サイト
一般財団法人 日本児童養護施設財団
Japan Children’s Home Foundation(通称:JCF)
本部:〒107-0062
東京都港区南青山3-4-6 2F
Copyright©2013–2024全国児童養護施設総合寄付サイト All rights reserved.